鳥海山山スキー & 秋田駒ヶ岳登山


 山域 / 形態  東北  /山スキー & 残雪期登山
 メ ン バー  Yuji君所属の会社の山岳会メンバー(男3名、女1名)、Yuji君、MINMIN
コースタイム
 1988年(昭和63年)
 4月28日  夜  東京・丸の内集合出発  車で移動
 4月29日  鳥海山登山口 大平10:15発   (スキーを引きずって登る)
         御浜神社 12:05 〜 13:25  (雨のため上は断念)
         滑走終了 13:40   祓川ヒュッテ
 4月30日  雨のため停滞  (近くで少し滑走練習)
 5月1日   祓川ヒュッテ6:40発   避難小屋8時ごろ  七高山登頂11時頃
         滑走開始 11:22   祓川 出発後、海辺の海岸でキャンプ
 5月2日   角館観光(桜が満開)  
         秋田駒のスキー場駐車場でキャンプ&乳頭温泉
 5月3日   秋田駒ヶ岳登山  7:20発    山頂10:45〜11:30
         下山  13:00
         特急・新幹線を乗り継いで帰京




東京から鳥海山の麓まで延々とどこまで行っても着かないぐらい車でのアプローチは遠かった。車は苦手なんだけど、なんとか酔わずに現地に。あいにく天気はぱっとしない。初日も雨がぱらついて、とても寒かった。御浜神社までなんとか登るが、途中からは霰みたいになった。早々にあっという間に滑って小屋へ。翌日は停滞。午後から少し晴れてきたので、近くの斜面で車をピストン輸送しながら滑走の練習。ゲレンデと違ってたくさん自然のギャップやうねりがあって、なかなかうまく滑れない。

やっと晴れて山頂アタックをかけたら、途中からブリザード状態になってしまい。濃いガスも漂う。結局メンバーのうち、それぞれの体調に合わせて途中から待機する人とかも出て、途中ガリガリになったのでラスト5分位?アイゼン歩行に切り替え外輪山の七高山にたどり着いたのは私含めて3人だけ。

スキーデポ地点まで滑落しないように慎重に降りて、そこからはスキーを履いて慎重にガスの中を滑降を始める。ガリガリの斜面が、やっと途中まで降りてきたら快晴の青空がのぞくようになり、ザラメの快適な斜面に。下の方はロープトウもあって、なんだかゲレンデみたい。登りのキツさが嘘のように、あっというまに一直線に大斜面を降りたのであった。

それにしても、全然日本海は見えなかったし、山の形も上の方が全く見えずどんな山に登ったのか見えなかった。ちょっと哀しい鳥海山でした。

その後、角館の見事な桜を堪能する花見や武家屋敷の見学のレスをはさんでのぞんだ、秋田駒ヶ岳でした。ながーい林道は地面が出ていて山スキーを担ぎあげるのも疲れるので、私だけは、ほとんど空身のツボ足歩行となりました。スキーのメンバーとはルート取りも若干違って、メンバー自体もバラバラに動いているので、ちょっとした迷子状態になって焦りました。山頂には一番最初に着いてしまい、やっと後続の人達を待つ形で合流できてほっとしました。

いろいろとあった、山スキーでしたが、かなり疲れてしまって、この後実に13年も山スキーとは縁がないこととなってしまいました。今この頃のことを思い起こすと、冬山全体に対しての慣れが足りなかったのかなあと思います。体力自体は当時の方が20代で絶対的にあったと思うのですが。山は経験が大切だと感じてます。




広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー