妙高・三田原 〜パウダー三昧♪〜


 前日の根子岳のあとで、列車で長野に移動。格安ビジネスホテルで過ごした後は、朝に再び列車で移動し、前日は湯の丸で薮山スキーを楽しまれていた健脚の男性陣3名と黒姫駅で合流。まだ空からは白いものが降ってきているけど、午後になるとお天気回復傾向なんで、雨男 VS 自称晴れ女MINMINの対決はどうなることやら?


 山域 / 形態 頚城 / 山スキー
 メンバー よっしーさんかっきーさんきむひろさん、MINMIN
 日程 2007年1月14日(日)
同行者の山レポへ よっしーさんのレポ




8:45に黒姫駅に到着。ここから杉の原スキー場にはわずかの距離。スキーの準備をしてゴンドラと高速リフトを乗り継いでいるうちに、なんとお天気は雪模様から晴れ間ののぞく絶好の山スキー日和に!トレースがついていて、よっしーさんが先陣を切って素早くスタート。私は少し遅れて出発するが、わずかに進むと有名な横断する沢が見えきた。雪崩れたことのあるという場所で、ドキドキ。既に山の上の方には大きなパーティーが登っているのが見える。よっしーさん、かっきーさんに続いて自分も横断するが、お恥ずかしいことに転倒・・・・。ちょうど段差ができていて参りました・・・・。なるべく速やかに退去して、すぐ上に向かう。ここからすぐに急な登りになる。


よっしーさんが先頭で、一応な私のペースを見ながら見える範囲で先行する。かっきーさんとの間が開きがちだが、お天気は「ダイヤモンドダストですね」と後ろのきむひろさんが言うように、晴れているが雪が空中に舞うような素敵な空間だった。急登がひと段落すると、左に左にルートは伸びていてやがて先行のツアー集団?を抜く。気持ちのよい青空のもとでのシール登高は先行の人達を待たせることを気にしなければ気分いいんですけど・・・・。写真撮る暇なかったです(苦笑) シール登高ではめったに人のことを自分は抜かない人なのですが、山屋でない滑り屋さんだとさすがに相当遅いのでボーダーさんなどを抜いてしまいました。


まだかな、まだかな?と思いつつ、ようやく妙高外輪山の一角の稜線に到着。なんとか1本で到着してヤレヤレ。すでによっしーさんとかっきーさんはまったりムード。
きむひろさん、私の後ろでお待たせしてスイマセン。妙高山の立派な姿を正面に嬉しい景色です。既に3パーティぐらいが稜線にはいて、さすが人気エリアです。続々と後続の人達も登ってきてます。腹ごしらえをしてから、そろそろ滑り出そうかな?って思って記念撮影を通りがかった背の高い方にお願いしたところ、なんと昨日お会いした立木さんでした!立木さんと武田さんで8時半スタートでラッセルを全部してくださったそうで、本当に感謝!一同お礼を言う。既にお釜の中を3本も滑ったというのでお元気ですね!


さて、いよいよ滑走開始! 本に書いてある通りに左の方角にある池の峰方向を見据えてぱふぱふ斜面を滑走です。ぱふぱふしているけど、斜度が緩くてすぐに止まってしまいます。勢いをつけて何ターンかすると、徐々に調子が出て、皆絶叫状態で、私はわーい、わーい♪と歓声をあげていたような。パウダーの浮遊感にひたれて、とっても、 <し・あ・わ・せ〜〜!>本当に疎林で楽しい斜面です。少し樹がでてきて、それを抜けるとまた広い斜面・・・・という感じで本当に楽しくて堪りません。まだノートレースの所が多く、選び放題。だけど、段々と樹がうっとうしくなります。きむひろさんは、鬼のような団子雪がスキーにへばりついてしまって大変そうです。お互いが見える範囲で進んでいきます。私も樹の罠につかまって転倒。あと1m位は積もってくれると樹の根やら下枝にひっかからなくてよいんだけど。 そうは言っても、今年の少雪の状況でのパウダーですから贅沢は言ってられません。


やがて、高度が下がって前方に樹の密な感じが漂ってきました。すかさず左の小さな沢をよっしー切り込み隊長が横断して、左隣の尾根にルート変更。微かに数日前に滑ったトレースがあるようです。ここからは、トラバース気味の樹の間を縫うような感じのルートで斜滑降などを多用。ヘルメットはないので帽子とゴーグルの有り難味を実感。関西出身の人達は薮山に慣れている感じでスースー行くけど、あんまり薮っぽいのに慣れていない私はひたすら前を行くお二人に離されないようにくっついて滑ります。最後に一段がくんと下がるところをクリアすると、急にカラマツ林の深閑とした森に到着。これであともう少しで林道です。カラマツ林は高速道路状態でノンストップで滑走です。最後に少し右の段差をクリアするように進むと、ほどなく林道到着。


満喫した思いで、林道をひと滑り。あっという間にスキー場の端に到着。軽くゲレンデを滑走してから、三田原地区から駐車場のある杉の原ゲレンデに戻る登りのリフトに1本乗る。最後には、近くの苗名の湯の温泉に入ってお疲れさま。大阪まで戻るよっしーさんに別れを告げて、私はかっきーさんの車で長野まで送ってもらい、あとは長野新幹線でびゅーんと東京へ。根子岳と三田原と今シーズン初の山スキーは2本ともパウダーで大満足でした\(^〇^)/
今回は薮っぽい所を全くものともせずに滑る様子が拝見できて、勉強になりました。
ゲレンデトップ10:35発 三田原稜線 11:58〜12:30 林道戻り 13:43 小休憩
ゲレンデ戻り 13:51 駐車場戻り  14:20頃
    ★今回のコースタイムはよっしーさんと私は各自の時計で記載しているので、相互の時間的な整合性は全くないです。(^^;)
       たぶん、自分の方が登りで10分程度?全部遅いです。ご了承くださいませ。
      
                                 



左からきむひろさん、かっきーさん、よっしーさん 横断の沢
     先頭を進むよっしーさん  (かっきーさん撮影) 妙高山
全員集合 三田原の稜線
見上げるとこんな感じのぶなの林 もう少し雪が欲しい  広い斜面
青空が眩しい 気持ちの良い斜面が続いている。皆満足♪
林道に無事到着。ぽ〜ず! 素敵な一日でした。





広告 [PR] 高収入  メイク 美容家電 無料レンタルサーバー